11月が旬!新感覚フルーツ“フェイジョア”って知っている?

#feijoa ready to pick
by StuartMoreton

「フェイジョア」、その聞きなれない名前を初めて聞いたのは2年前くらいだろうか。何となく名前が忘れられなくて色々と調べてみると、11月からが収穫の時期らしい。もしかしたらフェイジョアを食べられるかも?!そんな期待を抱きつつ、新感覚のフルーツ“フェイジョア”を紹介しよう。

フェイジョア(学名:Feijoa sellowiana、別名:フィジョア)は、南米原産のフトモモ科の常緑低木。ニュージーランドやオーストラリアなどでは庭木や公園樹としても人気があり、果実も一般的に流通されている。また、花がキレイで庭木や生垣用としても評価が高い。

feijoa blossom 1
feijoa blossom 1 / Megan Young

どんな味?

果実にはパイナップルとバナナの中間の様な芳香があり、生食またはジャムやゼリーなどの加工食品、果実酒などに利用される。リンゴ、パイナップルにバナナをミックスしたような甘酸っぱい味で、ゼリー状の中心部と少し硬い周りとのバランスが絶妙。乾燥させた果肉を使ったフェイジョアティーが広く飲用されている。

Feijoa - 2011-04-25
Feijoa – 2011-04-25 / 4nitsirk

Feijoa
Feijoa / russellstreet

日本で食べるには?

日本では1980年代にキウィフルーツに続く新果樹として注目され、一時は栽培されたたこともあったようだが、現在は営利的に栽培をしている地域は無いようだ。

もし日本で食べるのなら、苗を購入して実を成らせるしかないようだ。インターネットでも苗が販売されているので、興味がある人は育ててみてほしい。

花ひろば http://www.hanahiroba.com/fs/hanahiroba/c/0000000174/

フェイジョアの旬は10月中旬から11月下旬。もし出会う機会があれば、ぜひ味わってみてほしい。

きむらゆうきち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る