10/11八ヶ岳MUSIC&WEATHER『休日の初日、こんな良い天気の日にはワルツを踊ろう』

Image from page 44 of "Secular Songs: Sacred Songs" (1847) by Internet Archive Book Images

10月11日 八ヶ岳の天気

詳しい天気はコチラ

せっかくの3連休なのに台風の影響で雨の日が多くなりそうです。ただ、今日1日は晴れの予報。八ヶ岳周辺は、暑すぎず、寒すぎず、とても過ごしやすい気温です。

『ショパンのワルツはBGMに最適!踊りだしたくなるようなリズムと切ないメロディがたまらない』

今日選んだのはオーストリアの作曲家フレデリック・ショパンのワルツ。この曲は1〜17番まで全部で17曲で構成されています。一番有名なのは6番「子犬のワルツ」でしょう。

演奏しているのはゲザ・アンダです。ハンガリー出身のピアニストで、バルトークの協奏曲が有名ですが、ベートーヴェン、シューベルト、ショパン、ブラームスを得意としています。あの大指揮者 フルトウェングラーをして「ピアノの吟遊詩人」と言わしめたように、美しい音色と滑らかな演奏が特徴です。

ショパンのワルツは多くのピアニストが演奏していますが、その中でもアンダの演奏が一番しっくりきます。アンダの演奏は、テンポがゆったりとしていて、やわらかいピアノの音色。ルービンシュタイン、ピリス、ルイサダなど有名ピアニスト、ショパン弾きがワルツを演奏していますが、その中でもこの演奏はいつもそばに置いておきたくなるような存在なのです。

休日のおともにワルツはいかがでしょう。出かける時も、家にいても、きっと良いBGMになるのではないかと思います。

きむらゆうきち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る