植物はクラシックがお好き?!植物における音楽の影響

Seed Blog / USDAgov

植物に音楽を聴かせると良い影響がある。そんな話は何となく聞いたことがあるが、具体的な事はあまり知られていないのではないだろうか?

2012年度 日本農芸化学大会のジュニア農芸化学会 金賞に選ばれた実験では音楽の種類だけでなく、周波数帯によって植物の生長が変わることが証明された。

実験はマカラスムギをつかいクラシックとロックの異なる2種類の音楽を聴かせておこなわれた。
 
聴かせたのは、この2曲。

Mozart: Eine kleine Nachtmusik

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『リライト』

実験に使われたマカラスムギ

Image from page 180 of
Image from page 180 of “Textbook of pastoral and agricultural botany, for the study of the injurious and useful plants of country and farm” (1920) / Internet Archive Book Images

 
実験の結果は、クラシックを聴かせると、音楽なしの場合と比べて発芽・発根率が上昇、逆にロックを聴かせると発芽・発根率が低下してしまった。
図1音楽がマカラスムギの発芽・発根、初期生育に及ぼす影響
 
さらにクラシックとロックの周波数を調べて、クラシックに近い周波数を周波数発生装置を用いて実験した。
その結果、クラシックに全体の67%含まれている周波数500Hz付近の周波数で生育が促された。
無題
この実験では、音楽性の違いだけでなく、周波数に着目して植物への影響を確かめた。報告には「糖代謝」に関する報告もあるの。興味がある方は見ていただきたい。
 

https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu/51/3/51_196/_pdf

人間だけでなく、植物にも影響を与える音楽。心地良い音楽を聴かせて植物の生育を促してみてはどうだろうか?

きむらゆうきち

参考・引用:価格と生物 vol.51 No.3 2013「植物における音の影響」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る