旅人が地域の魅力を発信するサイト『MOVERS JAPAN』

L1011336-940x500

旅をしながら情報を発信する。なにやら夢のような生き方をする人との出会いは突然だった。今回は、現在は旅人でありソーシャルライフディレクターでもある佐藤翔平くんの活動を紹介したい。

 

【旅人?メディアの人?ファッショナブルな訪問者が来た!】

ここは長野県富士見町。昨日の夜は、自分も運営に参加しているコミュニティースペースで の集まりだった。扉を開けると、店の隅っこには大きなグレゴリーの大型リュックサック。登山客か、夜逃げか…。何やらただならぬ雰囲気を感じつつ、普段通り仲間が集まりだす。あの荷物は…しばらくすると鮮やかな青色のアウトドアジャケットに身を包んだ若者がやってきた。やけに小ぎれいな青年だ。

近くで話を聞いていると、どうやら日本全国を自転車で周る旅をしているらしい。しかも、旅をしながら訪問した土地ならではの情報を発信しているそうだ。旅人 兼 メディア、そんな訪問者が突然現れた。

ヴィジュアル6-940x500

 

【旅人・佐藤翔平くん】
佐藤君は横浜出身。脱サラして旅人になった。横浜を出発して4ヶ月。当初の予定では各県に1週間ずつ滞在して、今頃は北海道から南下しているスケジュールだったらしい。だが、旅の予定は不安定。山梨県に入って出会った有機農家で3ヶ月手伝いをすることになった。計画は狂いまくり。まだ収穫で忙しい農家の手伝いを振り切って、辿り着いたのが“隣”の長野県・富士見町。前日まで小淵沢の道の駅の近くにベースキャンプを設けて山梨・長野の県境あたりを散策していた時に、富士見町でコミュニティースペースを運営しているメンバーたちと出会ったのだ。

【旅と発信、MOVERS JAPANとは?】
佐藤君は旅をしながら情報発信をしている。MOVERS JAPANというサイトで旅の様子を日々更新しているのだ。MOVERS JAPANは、まだ立ち上げてから4ヶ月ほどの組織だそうだ。少し前までは、ライターや翻訳家とチームを組んで運営していたが、今は佐藤くん独りで更新している。

サイトには、旅で訪れた地域のローカルな魅力、スローな自転車の旅だからこそ見えてくる地元の情報や問題点が掲載されている。また、それらを英訳して海外にも発信している。外国の方に日本の良さを知ってもらうとともに、日本人が海外に行った時に誇れるような情報を載せることも目的のようだ。

MJ

 

http://moversjapan.com/

【これから、どこへ行くのか】
当初計画していた1週間で1県の予定は面白いように崩れた。佐藤くんの口からは「これから長野から群馬に行って、太平洋を目指したいんですよね。予定では…」と、仕切りに計画していたルートとペースを取り戻したい雰囲気が伺える。が、しかし「長野、松本・安曇野方面にも導かれているような気がするんです」との発言も。
「これから、どこに行くの?」と尋ねると「正直、すごく迷っています」との答え。もしかしたら、富士見町に長期滞在するかもしれない。そんな迷いとも悩みとも、また愉しみともとれる姿が印象的だった。

1610788_528444333968012_8563705306286045241_n

足で稼いだ情報を発信する。その姿勢に間違いはないだろう。まだ、迷いやこだわりがあるのかもしれないが、これから旅先で会う人たちとの関係は近い将来なにかしらのカタチになるはずだ。

つちとては、これからもMOVERS JAPANと佐藤翔平くんの活躍に期待しています。

つちとて編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る