ヴィンテージ・ラベルの誘惑

fruitcrate1

 

 

 

今はどんな商品でもパッケージングが重要な要素になっている。商品を買うときもデザインが決め手になっていることが多くなってきているように思う。だが、いざ自分がデザインを決めようとすると、なかなかアイデアが出てこない。そんな時に、ヴィンテージラベルを参考にするのはどうだろうか?

今回はディズニーランドがあることでも有名なカルフォルニア州で使われていたヴィンテージ・ラベルを紹介したい。

こののラベルは、鉄道で出荷されてる果物と野菜を入れた大きな木枠に貼っていたものだ。現在は、コレクターのあいだでは高価格で取引される稀少品でもある。

fruitcrate7 fruitcrate6 fruitcrate11 foodcrate9 fruitcrate3 fruitcrate4 fruitcrate5レトロな雰囲気はあるものの、今使っていても相当センスの良いデザインばかりだ。写真風の果物とロゴのコラージュや、写実的な絵、少々コミカルなイラスト風のラベルもある。現在も有名な企業のロゴがあるのも面白い。眺めているだけでも古き良きアメリカ西海岸の雰囲気が伝わってくる。こんなロゴがパッケージに貼ってある野菜や果物があったら、思わず手が伸びてしまうだろう。

text:http://modernfarmer.com/2014/09/fruit-crate-labels/

phot:Flickr / Orange County Archives

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る