持久力を高めるビーツジュース

Beets in a Basket

ビーツはランナー向けの健康野菜?

皆さんはビーツという野菜を知っているだろうか?かぶのような形で、赤い色をした根菜。ロシアを代表する料理、ボルシチに使われていることでも有名だ。果汁の血がしたたるような色が印象的で、日本ではなかなかお目にかかることもない珍しい野菜でもある。

このビーツが持久力を高める効果があるらしい。海外の研究機関によると、ビーツ・ジュースを定期的に飲んだランナーと、その他の飲み物を飲んでいたランナーを比べた場合、ビーツ・ジュースを飲んでいたランナーの方が持久力があったというのだ。(http://www.mnn.com/health/fitness-well-being/blogs/beet-juice-is-the-secret-to-your-best-run)

その理由はNO(一酸化窒素)効果簡単に説明すると血管を広げ、血流を増やす。全身の血流が良くなり、血流をスムーズにする効果だ。ビーツには、この効果を促す作用があることで注目されている。

ツール・ド・フランスでも使用されたビーツ・ドリンク「BEET IT」(http://www.beetit.jp/)なんて商品もある。ヨーロッパでは積極的に取り入れられていて、街のジュース・スタンドのにもビーツ・ジュースがあるほどだ。

日本ではビーツ自体がマイナーな野菜だが、健康効果を打ち出して販売するのもいいのかもしれない。野菜=健康というよりも、どの野菜が、どのようにカラダに作用するのかが分かったほうが顧客も手に取りやすいだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る