自転車で畑を耕す。「culticycle」が農業を面白くする!

http://farmhack.net/tools/culticycle

画期的なアイデアで農業を面白くする集団「FARM HACK」が人力で畑を耕せる足こぎ式の耕運機「culticycle」(プロトタイプ)発表した。自転車を改造して作られた「culticycle」は、機械のトラクターほどの力はないが、人力で耕すより効率よく作業できる。何だかワクワクする道具だ。

FARM HACKが掲げるのは【持続可能な農場のスケールと彼らの倫理 に合う ツールを開発する。FarmHack は経験豊かな農家のコミュニティがより良い 発明を援助する】だ。

FARM HACH http://farmhack.net/home/

サイトでは、商品化されたツールを買えるだけでなく、アイデアをディスカッションするカテゴリーがあり、現在進行中のプログラムも数多く載せられている。これらはオープンソースプログラムになっている。農家だけでなくエンジニアやデザイナーなど様々な技術者が参加して新しいアイデアを作り上げている様子が伺える。

この「culticycle」も作り方や材料が書かれている。

culticycle http://farmhack.net/tools/culticycle

「culticycle」には多くのメリットがある。
・軽量なので土を踏み固めない
・化石燃料を使わない
・安価
・もしかしたら自分でも作れるかも(?)

今回発表されたプロトタイプは、あくまで試作。今後、実用化に向けて改良が加えられるようだ。こんな耕運機があれば農業がもっと面白くなりそうだ。これからもFARM HACKから創り出されるアイデアに注目していきたい。

きむらゆうきち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る