簡単!捨てるはずの野菜の切れ端を使った“野菜だしスープ”が便利!

Mid-Week Meal Plan: Meat-Free Scotch Broth Recipe (5:2 Fast and Feast Diet) by French Tart

野菜の皮や芯など捨てるものだと思っていませんか?でも、せっかく農家の人が丹精込めて作ってくれた野菜だから、捨てることなく使い切りたいもの。それならば、この野菜だしスープがおすすめ。普段は捨ててしまうような部分も残らず使うことが出来て、どんな料理にもアレンジできる万能だしが普段は捨ててしまうはずの野菜のくずで出来るのだ。

 

簡単、野菜だしスープの作り方

1、集める:野菜のくず(切れ端、ヘタ、皮など)を集める
2、煮る:集めた野菜と水1.5ℓ、だし昆布・日本酒 少々を入れて煮る
3、こす:沸騰したら中火で30分くらい煮てザルでこす

以上、色々な料理につかえる“野菜だしスープ”の出来上がり!

野菜だしスープの詳しい作り方http://cookpad.com/search/%E9%87%8E%E8%8F%9C%20%E3%81%8F%E3%81%9A %20%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%97

野菜だしスープ 向き・不向きな野菜

基本的に、どんな野菜の切れ端を入れてもいいのだが、多少向き不向きがある。

<向いている野菜>
とうもろこしの芯、キャベツ・白菜の芯、きのこ類のヘタ、玉ねぎの皮、にんにくの切れ端

<不向きな野菜>
色が出てしまう野菜(なすの皮など)、ぬめりが出る野菜(なめこの石突き、おくらなど)
※味が悪いわけではなく、色やぬめりなどが全体に付いてしまう!

 

干すと甘味が増す!

野菜の切れ端は、そのまま、だしスープにしてもいいが2〜3時間くらい天日干しすると更に甘味が増して美味しい。

 

エコ!便利!万能!

野菜は皮や芯など、けっこう捨てる部分も多いのも事実。だが、野菜だしスープの作り方を知っておけば、今まで捨てていた野菜くずを貯めて便利な野菜だしが出来る。さらにゴミも減るので一石二鳥だ。
野菜だしスープは色々な料理にアレンジできる。これからの季節、シチューやおでん、ポトフなど野菜だしスープが活躍する料理も多くなりそう。野菜が少なくなる冬だからこそ、無駄なく使って野菜の旨みも栄養も全てを味わいたい。

きむらゆうきち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る