週末開催!新鮮野菜が買える都内の“ファーマーズマーケット6選”

Dallas Farmers Market 2013 #1 by awsheffield

都内でも農家から直接野菜を買えるファーマーズマーケットが増えている。生産方法にこだわった有機野菜や工夫をこらした加工品など、作り手の話を聞きながら買い物が出来るファーマーズマーケットは、売り買い以上の魅力がある。今回は都内で開催しているおすすめのファーマーズマーケットを選んでみた。

 

【青山】青山ファーマーズマーケット(Farmer’s Market at UNU )

開催日時:毎週 土・日 10-16時
場所:青山・国連大学前広場(東京都渋谷区神宮前5-53-70)

http://farmersmarkets.jp/

すでにファーマーズマーケットといえば“青山!”というくらい有名になっている青山ファーマーズマーケット。出店者数、来場者数ともに他のマーケットの群を抜いている。毎回、志向をこらしたイベントを企画したり、野良をテーマにした雑誌の発行もしている。ファーマーズマーケット初心者は、まず“青山”に行くのがオススメだ。

 

【六本木】ヒルズマルシェ

開催日時:毎週土曜日 10:00~14:00
場所:アークヒルズ アーク・カラヤン広場(東京都港区赤坂1−12−32)

http://www.arkhills.com/marche

サントリーホールの入口、カラヤン広場で開催されているヒルズマルシェ。季節の野菜だけでなく、小物や雑貨なども扱う。アーケードの下で開催されているので雨天でも安心して買い物できる。

 

【下北沢】ママンカ市場

開催日時:毎月 第4日曜日
場所:眞龍寺 (東京都世田谷区北沢2丁目36-15 )

http://www.mamanqa.com/

“下北沢×子育て×野菜”をテーマにした産直市。2009年10月から開催されていて、アットホームな雰囲気が特徴的。下北沢の街に馴染んだ庶民的なマーケットだ。

 

【代々木公園】アースデイマーケット

開催日時:月1回 日曜日
場所:代々木公園けやき並木 ※他会場有り

http://www.earthdaymarket.com/

農家との繋がり、地産地消、環境をテーマにしたマーケット。竹材のテントを使ったり、コミュニティ通貨(アースデイマネー)を使用したりと循環型社会を意識した運営が特徴的。渋谷からも原宿からも行ける代々木公園というロケーションもいい。

 

【吉祥寺など】種市

開催日時:次回は2014年11月9、15日
場所:吉祥寺 キチム・ヒトト など

http://www.organic-base.com/topic/tane/

在来種・固定種の野菜にスポットを当てたイベント。マーケットイベントだけでなく、種の勉強をするワークショップも企画されている。食べるだけでなく、タネから考える提案型マーケットだ。

 

 

【神楽坂】lakagu market(ラカグ・マーケット)

開催日時:毎週日曜日 10:00-16:00
場所:la kagu(東京都新宿区矢来町71)

http://www.lakagu.com/

今年の10月にオープンした’衣食住+知’のライフスタイルを提案するキュレーションストア。新潮社書庫を隈研吾さんがリノベーションした物件で様々なイベントも企画されている。マーケットは11月9日から定期的に開催される。

 

一口にファーマーズマーケットといってもマーケット毎に志向をこらした工夫がある。農産物を買うだけでなく、場所の雰囲気やコンセプトを知って行くとよりマーケットを楽しめるだろう。

今週末はどこのマーケットに行こうか?週末ごとに各地のマーケット巡りをしてみるのもオススメだ。

きむらゆうきち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る